高校の転校をお考えの方へ

「高校に入学したけど、自分には合わなかった」
「いまの高校に行きにくくなった」
「来年、進級できないかもしれない」など

多くの人が高校を転校して、自分に合った高校生活を再スタートしています。

文部科学省の調査で、通信制高校に通う生徒の約50%が転入学・編入学ということがわかっています。ですので、「高校を変える」ことは特別なことではありません。むしろ、その選択をすること、学習を進めることができやすくなり、同年代の人たちと同じタイミングで高校を卒業し、次の進路へと進むことができることが多いです。
ただ、転校するには不安を持たれるのも当然です。よくある質問をご紹介します。

Q1.転校したら1年生からやり直しになりますか?

基本的には今の学年の途中からになります。例えば、今の学校で1年生は修了し、2年生の6月に転校する場合は、2年生として転入学し、順調にいけば翌年度に卒業することができます。高校卒業条件の1つに、「3年間の在籍」があります。これは、前籍校と転入学先の高校の在籍期間を合計して3年ということです。

Q2.今通っている学校を現在2カ月ほど休んでいます。休んだ分、卒業時期が延びますか?

「欠席」であれば、大丈夫です。例えば、2年生の9月~10月末まで休んでいたとしても、転入学するときはその2か月も前籍校の在籍期間にカウントされます。休学はカウントされない場合が多いので、もし「学校に行きにくいな」と思ったときは、休学手続きをせずに転入学先の高校を探してみてください。

Q3.いままでやった勉強は無駄になりますか?

いいえ、今まで取得した単位は、転校先に持ち越すことができます。例えば、いまの学校で2年間で60単位を取得していたとします。3年生の5月に転校すると、これまでの60単位を持っているので、転校先での1年間で14単位(高校卒業には74単位必要)分の履修をすればOKです。

Q4.転校はいつでもできますか?

はい、転入学は年度途中で随時受け入れている通信制高校が多いです。しかし、随時と言っても、12月くらいが年度内の最終転校期日にしている学校が多いです。1~2月でも方法を提案してくれる学校もあるので、まずは興味のある学校に相談してみてください。

Q5.デメリットはありますか?

せっかく転校したのに、思っていたのと違った、という人がたまにいます。転入学前に、いまの自分の不安やしんどさをできるだけ希望する学校に伝えて、解決できそうかをしっかり検討してください。資料だけやホームページだけで選ばずに、学校見学を何回かして、通いやすいかどうかを感じてみてくださいね。

まずはお気軽にご相談ください。

あおい高等学院の説明会では、ご本人さんの状況や希望を聞いて、どんな学校がいいのか、どんな方法があるのかなども提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。>>>説明会についてはこちら

公式LINEによる質問受付

このボタンから「あおい相談窓口」を友達追加して、質問内容を送信してください。
友だち追加

ページ上部へ戻る